本とPCとカナリアと

美容とコスメにはまった会社員の記録

アラサーがはじめて街コンに行った話 その1

こんばんは。凛です。

 

私はアラサーなのですが、この位の年齢になると聞かれる悪しき話題があります。

 

そう、結婚や恋人の有無です。

 

上司に聞かれるとプライベートにまで介入してくるんじゃねえと本当にぶっ飛ばしてやりたくなりますが、

 

上に立つと部下の長期スケジュールを組むのにイレギュラーが発生する可能性くらいは知っておかなきゃいけないんだろうなと思います。興味本位なら今すぐ土に還って下さい。

 

私は長らく恋人がいないのですが、今の生活にはそこそこ満足しています。

 

今日はそんな私が街コンに行ってきたお話です。

 

f:id:fulfulfulugi:20190710135825j:image

 

 

アラサー恋人2年なしが街コンに行くまで

 

高校の同級生との飲み会中、それは起こりました。

 

私の友人達は少し前に破局ラッシュを迎えたのですが、ほとぼりが冷め何となく何かしなきゃいけない梅雨の様に曖昧な空気が横たわっていました。

 

そんな中、集まったメンバーで唯一恋人がいる友人が話題の中心になります。

 

というのも、その子は超良い人を見極められる審美眼の持ち主。本人もいい子ですし、出会い系アプリの中からはちゃめちゃ良い人(本当)と出会い同棲を始めた経緯があるのです。

 

その子が言いました。

「街コンへ行こう。行動しなければ変わらない」と。

 

私はその時「肉が美味い」と思っていて、全然間に受けてませんでした。酷い女です。

 

比較的消極的な友人達も話は聞いても乗らないだろうと思ってお手洗いに立ちました。本当に酷い女です。

 

そして用を足して席に戻ると…

 

“世間の一般論”が焦らせて居たのでしょうか。

 

街コンのサイトを見てどれに参加するか見比べる彼女達が居ました。

 

先程、消極的と彼女達を表しましたが、正確に書くなら言葉が足りません。

 

彼女達は全員が何らかの技術職従事者です。

1人でもきちんと生きていける稼ぎがあるし、過疎業種で資格を持っているので万が一クビになってもすぐ転職出来るし、技術職者とか関係なしに他人に依存せず生きていける人達です。

 

だから、何かに駆られる様に賭けや出会いを求める事がありません。今満たされているから、無理に心の隙間を他の何かで埋める必要が無いのです。

 

そういう意味での“消極的”です。

 

「凛はどうする?行きたくなければ大丈夫だよ?」

 

彼女達は優しいので勿論確認を取ってくれました。

 

が、コミュ障の私は唯一の友人とも呼べる彼女達に恋人が出来て置いていかれてしまう事が少し怖かった。あとは遥か昔に失ったと思っていた少しの好奇心が顔をのぞかせました。

 

誘いに頷く事しか出来なかったのです。

 

そもそも街コンって何?

 

街コンは最近の意味合いだと、見ず知らずの人と行うコンパです。飲み会だったり、食べ歩きだったりとそこにプラスされる要素は色々あります。

 

見ず知らずの人と言っても、行きずりという訳ではなく、街コンを開催してる飲食店や企業に申し込んで集まります。

 

元々は町興し的に数百人、数千人規模で行うコンパを街コンと呼んでいた様ですが、時が経つにつれ規模を縮小したり、バラエティに富んだものも出てきたみたいですね。

 

どの街コンに行くかを決めるまで

 

街コンに行くには就活の説明会予約の様に申し込みをしなきゃいけないのですが、先に言います。

 

「申し込みか〜〜。めんどくさいなぁ。友達と行くし友達に任せよっかなヽ(´∇`ヽ)」って方、個人的な意見ですが多分街コンには向いてねえ。

 

どんな種類の街コンか検索もダルいし、申し込みなんて情報打ち込んでサクッと申し込めるのにそれも嫌だ。

 

そんな方はちょっと話した相手とマッチングして連絡やり取りする間に絶対ダルくなります。

 

私は街コンマスターではないので断言はできません。けれど、実際連絡のやり取りはちゃめちゃダルかったです。

 

そんなダルさを超えられる、しっかりドキドキ出来る相手じゃないと大変かもしれません。地道に何処かでの出会いを大切にする事をオススメしますよ…。

 

街コン 〇〇(開催地) で検索!

 

f:id:fulfulfulugi:20190710135902j:image

 

街コン 東京(開催地) と検索すると、予定されている街コンがズラッと出てきます。

 

f:id:fulfulfulugi:20190710135919j:image

 

とりあえずどれかのサイトを見ると雰囲気が掴めるのですが、最近は色んな街コンがあります。

 

例えば…

・水族館街コン

・動物園コン

・オタク街コン

・平成生まれコン

などなど…。

 

共通の話題が無さそう…みたいな不安があると思うのですが、街コン自体に個性があるものが存在するので大丈夫だと思います。

 

気に入ったものがあれば、サイトから申し込むだけ!

 

名前や年齢、メールアドレスを入力します。

 

参加金は女性はどこも500〜2000円くらいと比較的安価で済む様です。

 

逆に男性は5000円前後と、勇気がいる値段となっています。すまない!

 

最近は街コン当日に本人確認証の提示をするところが多いみたいなので、うっかり忘れない様気を付けましょう。

 

当日の流れ

 

当日は指定された時間に指定された場所で集合です。

 

服装や髪型は清潔感が有れば何でも大丈夫だと思います。

ビーチサンダルやダメージデニム、過度な露出がある服は避けた方が良いかなくらいです。

 

受付で本人確認証を提示して手続きを済ませて、会場内で着席します。

衣服には名札ではなく番号カードをつけました。

 

私が参加したタイプはプロフィールカードを書いて、それを見せながら席をローテーションするものでした。

 

立食形式や個室で対面形式など、色々なタイプがある様なので、申し込みの時に自分に合いそうなもの(精神的に耐えられそうなもの)を選びましょう。

 

あとは異性とお話をして、アンケートに気になった異性の番号を記入します。

 

お互いにマッチングしていたら、最後に発表されます。

私の参加したものは番号発表のみでした。

これ、マッチングした人は席から起立とかだったらちょっと恥ずかしいと思います。

 

お互いの番号は分かるので、会が終わった後に落ち合って連絡先を交換します。

 

私も何とかマッチングする事ができ、連絡先を交換したのですが…?

 

 

 

話がめちゃくちゃ長くなってしまったので、今回はここまで。

 

街コン気になってるけど、どんな感じなのか体験談を見てみたい…!って方は次回も読んでみてください。

 

本日もここまでお読みいただき、ありがとうございました。