本とPCとカナリアと

美容とコスメにはまった会社員の記録

LANCOME ラプソリュ トーンアップバーム

こんばんは。凛です。 

 

私は年末年始が関係ない職に就いています。

辛い訳ではないのですが、初売りには基本的に行けないので、それがちょっと切ないですね。

 

けれど、華やかなコスメの新作が沢山発売されて、見ているだけで明るい気持ちになれました。

 

今回は1月1日に発売されたランコムの限定

「ラプソリュ トーンアップバーム」を奇跡的に購入できたため、それについて書いていきます。

 

  

ランコム」ってどんなブランド?

 

LANCOME(ランコム) 

 

1935年 調香師兼ビジネスマンだったアルマン・ブティジャンが5種類の香水を発表し、ブランドがスタートしました。

 

ブランド名は、フランス中部アンドル地方にある城の名「CHATEAU LANCOSME(ランコム城)」に由来しているそう。

 

日本での展開は1978年からだそうです。

 

ランコムの凄いところは、医学会と共同した研究チームを世界の18か所に設け、その国の美容事情に合った製品を出しているところです。

 

特に有名な美容液「ジェニフィックアドバンスト」は日本国内と海外では処方が異なり、推奨している使用方法にも違いがあります。

 

あくまで個人的意見ですが、

外資系のブランドの化粧品を使ったら荒れてしまった…」という方が「ランコムは大丈夫だった!」と発信していたのを度々見かけたので、研究の力の入れ方の成果かもしれません。

 

ラプソリュ トーンアップバーム

 

1月1日に発売された限定品「ラプソリュ トーンアップバーム」

 

発売前から話題になっていて、仕事の私はすっかり購入を諦めていたのですが、偶々入ったお店でロゼ・マーブルを購入できました。

 

「購入するならこの色だな」と思っていたので、これは運命ですね。

 

f:id:fulfulfulugi:20190105140616j:image

 

f:id:fulfulfulugi:20190105140620j:image

 

は~~!!めちゃくちゃ可愛い!!

 

そもそも、何故マーブル模様なのか?

どうやら

独自の成分が配合されているケアベースと、

綺麗な色合いのカラー部分が溶け合ってマーブル模様になっているようです。

 

f:id:fulfulfulugi:20190105140628j:image

 

見た目も可愛いし、ケア成分が手厚いのは、本当にこの季節は助かります…!

 

 スウォッチと使用感

 

手にのせたスウォッチはこちら↓

 

f:id:fulfulfulugi:20190105140931j:image

 

ほんのりとした色付きなので、何度か往復してのせています。

 

唇にのせた際に驚いたのは、塗りやすさ。

するするとのせやすく、荒れずにしっとりとしました。

 

勿論合う合わないはありますが、私の唇のコンディションは大分悪かったので驚きました…。

 

色付きはほんのり付く位なので、

下地としての使用にも良いと思います。

 

 

 

 

 

今年のコスメはじめは綺麗なマーブルリップでした。

去年にも増して、コスメをたくさん買う1年になりそうです。